【BUTレザーアイテム その魅力】
 
 
 
MADE IN JAPANの素晴らしい素材や縫製 
日本の職人たちのモノツクリを
クリエイティブのベースとするブルーナボイン
 
でもだがしかし
その中唯一の例外
BNB アナザーフェイス
BUT LINE
 
 
海外生産のメリットを活かす プライスやクオリティ
国内生産では成し得ない
バランスで構成される
BUTラインナップ
 
その中
ブラックカラーのシープスキンレザーアイテムに絞って着目
クローズアップ特集
 
独特な表情を持つウォッシュ加工タイプ
 スムースな素材感と美しい吟面の表情をそのまま楽しんでいただけるタイプ
 
 
同じシープスキンでも全く表情が違う2種類のマテリアルで用意される中から
5モデルを選抜
(各モデル毎 用いる素材が様々 同一モデルでも2種展開のアイテムもございます)
 
 
それぞれ魅力が溢れる
独特なアウトルック
 
 
早速どうぞ
 
 
"BUT BLENDA"
 
シングル/ダブルライダース
それぞれの特徴を併せ持つ様なデザイン
特殊な襟型は
クラシックな立ち襟の系譜を継ぐマンダリンカラー的バランス
 
 
 
エポレットやベルト袖のZIPなどは省きながら
 
ポイントとなるピラミッドスタッズ使いでCOOLなムード
 
着用は
OLDヴィンテージな雰囲気が光る
ウォッシュバージョン
(ノンウォッシュ版も有り)
 
 
 
 
お次はコーチJKTタイプ
 
 
"BUT BELA"
他モデルと比較して
ややゆったり目のボディシルエット
 
重ね着などへの順応性も高く
ファーストBUTはコチラの方も多いモデル
 
スナップドットボタンのフロントや
裾のドローコードなど
レザーとはいえ普段使いにそのままフィットする汎用度の高いアイテム
BELA
 
最新版は同じくウォッシュ加工タイプとなります
 
 
 
"BUT BETY"
 
スイングトップでもなく
3面ジャンパーでもない
 
スポーティな印象のショートワイドブルゾンは
BUTコレクション内でも特に玄人受けの様相が強く 絶賛する方も多い隠れた名作
 
80's アウトドアメーカーなどで見られる 
可動域と幅広いフィット感を狙った袖周辺のディテール
 
袖口や裾のゴムシャーリング仕立ても含めて
"なかなかレザーアイテムでは見かけることのない"
 
独特の仕上がりとなっております
 
 
 
 
 
"BUT BIANCA"
 
スタンドカラー
ノットフックの前立て
 
チャイナJKTムードをレザーで表現した
BIANCAは
 
カバーオール的 ワークウェアライクなルックスとのMIX感が肝
 
コチラもウォッシュ・ノンウォッシュの2パターン展開ですが
着用はウォッシュアフターワックスVer.
 
 
 
 
"BUT BARBARA"
 
 
カーディガンの様であり
スポーツブルゾンライクな着やすさもあり
和の丹前的でもある
 
知る人ぞ知る名作
初代ガルジャケットを進化アップデートさせたムードのコチラは
 
ラムレザーのしっとり感を存分に味わえるノンウォッシュ版での提案です
 
 
 

 
 
 
TOPSだけでなく
ボトムスもラインナップ!!
 

全16件