【ノリワリデニム
 



 
 
 
 デニムのピックアップが続きます
今回紹介するのは
やや異端児です
着物の友禅 藍染や注染...
 
日本や中国 果てはアジア全土が誇る
古来伝統技術は多数ございますが
 
ろうけつ染や陶磁器の貫入にも通じる
独特で不思議な表情を持つコチラ...
 
 
 
 
"ノリワリ"
 
その名の如く
糊付けし割れた箇所に色を差す技法に着想を得て
 
「着」ではなく「抜」
 
インディゴデニムからブリーチで色を引いた
実験的でありアートでモードなクラフトワーク
 
綾目に走る稲妻の様にも見えます
 
 
 
織り上がったセルビッジデニム
1着分に裁断された(約2m)生地毎に職人が手を施します
 
ゆえに
 
大きな個体差(個性と呼びたい)が発生
 
 
 
激しくコントラストが現れたもの
穏やかに静かに陰影が走るもの
 
それぞれが美しく唯一無二
 
 
 
 
腰回りが緩やかで
やや股上が深く
股下にマチが付く立体的なフォルム
 
大きめのパッチポケットやや上目のバランス
 
 
 
そこから裾に向かってテーパーを掛けたスタイル
(グリーンマンパンツと同型 デニム素材では初登場)
 
 
 
 
デニム本来のエージングに加え
1点ものアート的な側面もあり
 
いわゆるベーシックとは少し違えた個性も出せる...
デニムの基礎を一旦全て知り
既成概念を壊す自由さを盛り込み
新たな扉を開く
ブルーナボインらしいアプローチが効いた快作
 
 
デニムを新調したくなる気持ちと
いつも定番では面白くないと思う気持ち
普通ではないが長く愛せる魅力も備えて
全部盛りで欲しいワガママな貴方にこそオススメなモデル
ぜひお見逃しなく!!
 
 
 
 
 
全1件