ファンタジータイガージャンパー
ファンタジータイガージャンパー
ファンタジータイガージャンパー
ファンタジータイガージャンパー
ファンタジータイガージャンパー

ファンタジータイガージャンパー

5351

・日本伝統素材の絣(かすり)と呼ばれる生地の雰囲気を表現したサマーウールを使用
・リバーシブルで着用が可能なスカジャン
・葛飾北斎の絵をイメージさせる波、江戸時代の絵師が想像で描いたような虎、洋風に描かれたバラなど19SSテーマの要素がコラージュされた立体感のある刺繍が特徴的
・リバーシブルの裏面は、雨の降る竹林の中の虎が描かれた「雨中竹虎」の総柄

【story】

’’
それは例えるなら大きな猫のようであるが、暗にそれだけとは言えない力強さ、人の心を震わせる何かがあると感じています’’
件の文通の中でもとりわけわたしの心に残った虎という生き物に関する一節である
手紙の主人が言う、猫とは違うそれとは何であるのか?と空想は尽きず
毎日のように筆を手に取っていた
 
ある日、酒に酔ったわたしは手紙が記す未来の有象無象について零れ落ちるように話してしまうことがあった
振り返れば、その頃は少し浮き足立っていたように思う
印象深いのはそのあとの出来事だ
同席した熟年の行商人が「貴方の仰る虎とやら、見たことがあるかもしれない」と言うのだ
話を聞けば隣国のとある物好き大名がその絵画を所有しているということが分かった
虎を描いた画家がいる...居ても立っても居られなかった

翌日から、その物好きのもとへ向かうべくあらゆる手段を考えた
毎日のように手紙を送った 目的は一つであった
季節が移り変わった頃、その物好きから招待の返事が帰ってきた
ついにそれを見ることが叶うと心が踊った
馬を走らせ、国を越えた
その物好きの口上も早々に切り上げ、目的の品にたどり着いた
部屋の奥から現れた黒塗り縁の屏風にそれは描かれていた
私の知らない誰かが描いたその虎は紛れもなく’’大きな猫’’であった
がっくりとくたびれると同時に、自然と湧き立つような笑みを必死に堪えていた
私もまた物好きそのものであっただろう

ウール 97%
リネン 2%
ナイロン 1%
サイズ 000 00 0 1 2 3
身幅 50 52 54 56 58.5 60
着丈 51 53.5 56 58.5 61 63.5
裄丈 74 76.5 79 81.5 84 86.5
袖口幅 10.5 11 11.5 11.5 11.5 12