春レザー!! 銀スリゴートヌバックシリーズ
 
 
 
 
 
春はレザーが最も輝く季節
 
 
三寒四温
少しづつ明るくなる陽の光に応じて
寄り添い 守ってくれる様な着心地と素材の力
 
 
ブルーナボインデザイナーは初期からずっと
春の革
その魅力を提案し続けていますが
 
 
 
 
2022年 S/S COLLECTION
 
 
その集大成的な素材が遂にデビュー
 
 
エレガントなイメージが強いヌバック仕上げ
(表革の起毛)
 
 
過去数々ヌバックを展開して参りましたが
今作は銀スリ(銀残し)と呼ばれる
衣料皮革ではなかなかお目にかかれないレアなもの
 
 
 
 
山羊革 ゴートスキン特有のシボ
凸凹の表層のみをヌバック仕立てとし
シボ感を絶妙に残した 半ヌバックとでも呼びたい表情
 
 
 
 
シープやラムで見るヌバックよりもワイルドで
しかし
一般的なゴートよりは数段エレガント
 
 
何よりカラーリングも素晴らしく
テラコッタ的ムードもある
明るく絶妙なマットブラウン
 
 
 
 
語彙力の限界を感じますので 写真をご覧ください...
そして実物の迫力と質感は
写真を遥かに凌駕します
 
 
ぜひ肉眼と手触りで
その良さを感じて欲しい
 
 
元々頑丈な類の山羊革ですので
ヌバックにしても 程良いシッカリ感がある
ソフト過ぎず ハード過ぎず
 
 
一般的に流通する
いわゆるスエードやヌバックとは
圧倒的に違う迫力と質量が滲み出たもの
 
 
 
 
そして
溢れるシックなムード...
 
 
変化を恐れず
着込んで 唯一無二 貴方だけのレザーに仕上げて欲しい
よって
防水スプレーの類は推奨しません
 
 
ヌバックレザーにのみ許された
極上のエージングを味わってください
 
 
展開は3モデル
 
 
 
 
スポーティでモダンなNEWフェース
懐かしさを持ちながら未来から来たかの様な印象もある
ブルゾンタイプ
"ドンエンガス"
(2021A/Wデビュー)
 
 
 
 
 
 
 
 
ファスナータブは
ベルトでおなじみ
リアルシュリンクレザー
(揃えたくなります...)
 
 
 
 
 
 
 
 
ライダースD.N.A.を秘めながら
余分を省きつつ 突き詰めたバランスが光る
"アラン"
(2009S/Sデビュー)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
いわゆるライダースとは
一線を画す 他に類を見ない
襟ぐりの有機的な立ち上がりラインが
アランジャケットの最も美しいポイント
どうぞご注目ください
 
 
シングルでもダブルでもノーカラーでもない
限界まで立体的に仕上げた曲線美
 
 
 
 
 
 
 
 
知的で粗野なバランス
研究途中の未完成なイメージを
デザインへ落とし込み
外側にはポケットもなく 
包みボタンと玉縁のホールのみ
 
 
裁ち切り端でトドメ
全てにおいて削ぎ落とし切った仕立てが
引き算の美学と勇気を示すカーディガンライクデザイン
"レプラ"
(2007S/Sデビュー)
 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
過去と現代を往復し
未来へ紡ぐ
ブルーナボイン厳選の3モデルで
今回ラインナップ
 
 
 
 
春レザーとは言いつつ
春が最もレザーが心地良い季節とは知りつつ
 
 
秋も冬もコートを羽織って着ていただきたい
そういう点でもゴートヌバックシリーズ 
オススメです
 
 
全3件