【トロピカル賛歌】
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
どんどんシンプルになって行く
ここからの着こなし
 
 
大人にとって重要なのは
 
 
上質な素材で魅せる
快適に過ごせる
 
 
そして
タフであること
 
 
そんなマテリアルが
果たしてあるのかと
 
 あるのです
 
 
そうそれは
ウールなのですね
 
 
天然の機能素材とも言える毛(ウール)
 
 
 
 
ウールトロ = トロピカル
酷暑に対応できる素材として生まれた由来
薄手なのに頑丈な点も特筆
 
 
 
 
サマーウールのアイテム
実はブルーナボインの初期から展開されているもの
 
 
テーラードクロージングではなく
あくまでカジュアルアップなマインドでの
デザイナーが想う粋な提案
 
 
強撚のシャリ感
シワになりにくい(取れやすい)
湿度に強く 通気性も高く 乾くのも速く
 
 
もはやデメリットを探す方が困難
(ほぼない)
 
 
 
 
カットソーとラフに合わせても
ナイロンなどでは出せない
そこはかとないエレガントさを与えてくれ
もちろんシャツとは言わずもがなの
好相性
 
 
名門を喚起させる様
ノーブルな
*グレーチェック
 
 
 
 
 
 
ありふれた色ですが
凡百とは雲泥の差
静かな光沢が
黙っていてもハイクラスを物語る
プレーンな*ネービー
 
 
 
 
 
 
スピンドルで絞ってシルエットを出すボトムスも合わせて
セットアップも可能で
もはや全方位完全に死角なし
 
 
 
 
店頭では女性にも好評でして
Sサイズからの展開ですので
是非お試しを
 
 
 
 
 
 
最後に
個人的な余談ですが
ノーカラー風のジャケットカーディガン
留めて 上に何か羽織ればベスト調にも使えて
2月頃から大活躍しております
 
 
 
 
半袖短パンではすこし心許ない際に
クシャッと丸めて(持てる)軽量さ
 
 
サッと羽織れて(モテる)洒落っ気 
何より想像の上行く快適度は
所有者にしか理解できない悦びと満足感をもたらせてくれます
ジャケットでもありカーディガンでもありベストでもある
ベストオブベストな
夏の羽織 
 
全4件