【職人による美しい手仕事 Vol.4

 

SC(スペシャルクロス)

 

 

 

岡山児島の山奥にある小さな工房で
たったひとりの職人により生み出された
伝統工芸と呼べる程の希少性
美しくも味わいのある
掛け替えのないファブリック

 

コットンの風合い
素材の良さを活かした心地よい肉感
着込む程愉しめる経年変化を含んだ類稀なる生地

 

ブルーナボインが惚れ込んだ
高密度スクエアクロス

 

実稼働可能はたった2台
後少ししか残されていない文化遺産の様な力織機を
熟練の職人がコントロールしながら
丁寧にゆっくり織り上げる

 

 

 

 

経糸は織りやすくする為に糊付けされるのが通常の力織機
だが
SCは綿の風合いを活かす為
糊付けをせず織り上げる

 

太さも不均一な糸を丁寧に織り上げるからこそ生まれる
その風合いを重視している

 

 

糸切れのリスク管理など
機械任せでは不可能
まさに職人ありきの産物

 

 

ナチュラルな風合い

 

スローハンドで生まれた生地だけが持つ
織りのムラ感を含む独特の表情

 

織り上がった生地は
1反=50mを3分割し反染

 

わざわざ小型の製品染機で
通常は行われない方法で
手間を掛けて染め上げる行程も
先鋭化された量産品では実現出来ない
柔らかで美しい風合いを求めて

 

染めムラや不良を防ぐため
何度も途中で人が面倒を掛ける必要がある
自動化とは程遠い非効率な作業

 

素材も手法も昔ながらの製法で
効率とは無縁の環境で完成した生地には
大量生産では得られない
ぬくもりが宿る

 

人が介在する時間の多さと
手間の密度が
単純に昔ながらの製法で作るだけでは成し得ない
唯一無二で美しい存在の源

 

 

*
*
*

 

2021年現在
後継者はおらず
いつか幻の生地として
この世から消えてしまうのかもしれない

 

 

"打ち込みの良い平織生地"
"表情の奥行きがあり単一的ではない発色"

 

活字だけでは伝えきる事が難しい
他に類を見ないその魅力を感じていただける様

 

素材の持つパワーを最大限引き出す事
着る程に増していく味わいをイメージし

 

サイレントでシンプルでありながら
スペシャルな定番として愛せる
シャツやボトムスのデザインで展開

 

ブルーナボイン
SCシリーズ
※2021S/Sシーズンより呼称変更
オックススナフシャツ / グランパオックスなど旧品名のアイテムも同素材となります
(今期よりオックス→SCに統一します)
全23件